新年度に入りました。

 例年4月は入進学・就職など物事が始まるエネルギッシュな時期なのですが、未だ終息しないCOVID-19のため、首都圏の緊急事態宣言が解除されても、日常への道のりは遠く、先月行われた選抜高校野球も大相撲も、盛り上がり切れないまま終えた感じを受けました。桜前線も徐々に北上し、次回の本稿のときには葉桜を迎えるころになってるでしょうが、どうも今年も密な観桜は避けなければいけません。大人数でのお花見は確かに楽しいですが、宴が主となり本来の観桜がおろそかになっていることはありませんか?コロナ禍の状況を「逆手に」とって、気心知れた少人数で口数少なくゆっくり観桜するというのも、意外と「粋」なのかもしれませんね。

 さて、コロナ禍による経済活動の萎縮により、生活に支障をきたしている人が日に日に増加しています。日々生活していくうえで、衣食住に係る経費を可能な限り切り詰めていかざるを得ませんが、成熟期の女性には切り詰めようとも難しい問題があります。それは毎月来る「生理のお手当」です。少子化の現在、女性は一生涯に約500回の生理を迎えることになり、その手当に英国の調査では18,000ポンド(約243万円)を費やしているとの報告もあります。しかし5年ほど前より経済的な貧困により生理用品を購入できない、または利用できない環境下にある状態を都度都度目にするようになり、それを「生理の貧困(Period Poverty)」と呼んでいます。わが国ではこのような問題はあまり目に触れないで来ていましたが、勤労学生やシングルマザーの間では、このコロナ禍の経済状況の悪化がトリガーとなって、「生理の貧困」の問題が表面化してきました。事実高校生以上の学生さんへのアンケート調査では、過去1年間で生理用品を「買うのに苦労したことがある」と答えた人は20%、「買えなかったことがある」と答えた人は6%いました。また「生理用品を交換する頻度を減らしたことがある」が37%、「トイレットペーパーなどで代用したことがある」も27%に上りました。確かに私達産婦人科医が処方するお薬を服用すると、経血の減少を図れたり、生理周期の延長を図れたりします。しかし通院・投薬費用は生理用品代よりも高いため、現実的な解決策ではありません。なるべくコストをかけず、生理のお手当てをするにはどうしたらいいでしょう?
 
 
1つは「布ナプキン」です。現在市販されているナプキンは接触面が化繊で、その奥に高分子吸収体がある構造をしています。でもその化繊や、高分子吸収体の飛沫でアレルギー反応を起こす方も少なからずおりますし、またアレルギーはなくとも両端のウイングにこすれて、肌を痛める方も外来で時折見かけます。そのような方には、接触面が木綿になっている布ナプキンを勧めておりました、近年のオーガニック・ブームのせいか、以前よりも吸水性が高く、市販ナプキンのようにサイズも選べるようになってきています。また自身のプライベートゾーンに使用するものなので、ハンドメイド・キットも販売されているようです。
 
 
もう1つは「月経カップ」です。日本ではここ5年くらいに販売になった比較的新しい生理用品ですが、欧米では50年以上前より普及しているものです。材質は医療用シリコンで、ワイングラス様の形状をしています。シリコン製なので容易に折りたたむことができることから、カップが経血を受けるよう膣内に装着します。膣内に装着する生理用品としてタンポンがありますが、タンポンより奥に装着する必要はありません。ナプキンによる蒸れやかゆみから解放され、布ナプキンよりも洗浄に時間がかからないメリットがありますが、交換や洗浄といったお手当てが滞ると感染症等のリスクを高めることもなりかねないので、相応の配慮が必要になります。

 最近よく聞く言葉に「SDGs」というのがあります。これは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の頭文字で、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指す普遍的な行動を呼びかけています。SDGsには17項目の目標がありますが、そのSDGsの面から生理を見てみましょう。一説には平均的な経血量の女性が生涯に使用するナプキンは、約1万2千枚・・・4畳半の部屋が一杯になる量です。世界には約35億の女性がいるので、想像を絶する廃棄量となり、その処理が及ぼす環境汚染は想像しがたいものがあります。SDGsを受けてナプキンと構造が類似している大人用おむつについては、現在リサイクルのトライアルが始まりつつあります・・・しかし生理用品では、それは難しそうです。今回は「生理の貧困」を切り口にリユース可能な生理用品についてお話ししました。今回紹介した生理用品・・・経済的な面とは別に、地球環境保護という面から興味を持っていただければと思います(2021.4.1)。

バックナンバー
院長のcapricciosa(気まぐれ)